注文住宅を建設する際は三栄建築設計などの大手に依頼する

MENU

トラブルを回避する

住宅ローンが払えない。そんなときは

任意売却とは住宅ローンが払えくなった場合などに、債務を残したまま抵当権や差し押さえを解除してもらうことです。メリットとしては近所に知られることがないこと、また引き続きその家に住み続けることができる可能性があることです。 任意売却の歴史は意外と浅く、元となった「サービサー法(債権管理回収業に関する特別措置法)」の施行は平成11年2月ですから、まだ15年ほどしか経っていません。デフレの長期化により不動産が買った金額で売れなくなり、不良債権の処理に苦労していた金融機関の支援のために成立しました(一般消費者のためではありません)。その後不良債権処理の一環として、任意売却が一般的に認知されることとなりました。

任意売却は増加傾向にある

日本の終身雇用神話は崩壊し、就職から定年までずっと同じ勤め先にいることは、どちらかといえば珍しくなりました。そして転職するとほとんどの場合、給料は下がります。また、離婚の増加などもあり、住宅ローンが払えなくなる人が増加してきています。 そのため任意売却は増加傾向にあります。よく任意売却と対にされるのが競売ですが、競売は手続きを全て裁判所任せにできる反面、近所に知られますし、落札されたら100%その家に住み続けることはできません。また競売になった場合の落札価格は市場価格の6〜7割です。 最近は少しネットで検索すると、数えきれないほどの任意売却の情報が得られます。しかし不動産業者がすべて任意売却に強いかというと、そういう訳ではありません。そのため相談する場合には任意売却に強い業者をよく見極める必要があります。