注文住宅を建設する際は三栄建築設計などの大手に依頼する

MENU

いい賃貸物件の探し方

賃貸物件を探す現在の方法

賃貸のお部屋を紹介している不動産会社は、たくさんあります。各駅には、必ず1社は、店を構えております。昔は、不動産屋に行って、物件を見せてほしいと行ったり、新聞の折り込みチラシでみるような感じでした。もちろん今でもその手法はありますが、最近では、インターネットからでも簡単に見れることができたり、不動産の賃貸専門のフリーペーパーが発行されたりしておりますので、より簡単に調べることができる時代となっております。ただ、どれも公開物件であり、不動産業界においては、非公開物件というものがあり、そのお店に行かないと案内されないようなものもありますので、住みたい地域が絞れているのであれば、その地域の不動産屋に行き、賃貸を探すことをおすすめします。

物件さがしから決まるまで

賃貸を扱っているのは、不動産屋です。不動産屋にいけば、希望を担当の方に伝えるとその条件にそった物件を紹介してくれます。まずは、店内で図面や情報をみせてもらい、気に行った物件を約3件絞ってから、担当の方と一緒に見て回ります。その際ですが、基本は、車に同乗してまわることが多いでしょう。お部屋に入りながら紹介してくれます。その後、不動産屋にもどり、感想を聞かれて良ければすぐに決めればいいですし、なければまたいい物件があれば連絡がくるという流れです。賃貸の物件においては、シーズンによって物件数が変わります。特に春前などは、新生活のスタートをきる方が多いために、希望の部屋が先に取られることがありますので注意が必要です。