注文住宅を建設する際は三栄建築設計などの大手に依頼する

MENU

サービス内容を知る

需要増が見込まれるウィークリーマンション

ウィークリーマンションは、1日から数年まで幅広く、柔軟に賃借期間を設定できるのが特徴です。そのため、単身赴任者や学生、家の建て替えなどで仮住まいが必要な人など、短期、長期の滞在に使われています。 また、敷金や礼金といった初期費用が不要で、家賃も一括前払いのため、審査が簡単である、というメリットもあります。家具や家電が設置されているのも、引越しや購入のコストを考えると、ありがたいことです。 雇用形態の変化などによる人口の流動化に伴って、ウィークリーマンションのこうした利便性はますます注目され、需要は増えていくでしょう。特に、オフィスや工場、学校などが集まる都市部ではすでに多くのウィークリーマンションが建設されており、その人気をあらわしています。

契約・利用にあたっての注意点

ウィークリーマンションを利用するにあたり、注意すべき点としてまず挙げられるのは、解約と支払い家賃の関係です。多くのところで前払いした家賃は、途中解約しても返還されない契約になっていますので、借りる前によく確認しておく必要があります。特に、転勤などが頻繁で、いつ辞令が出るかわからない、というような人はこのことをよく頭に入れて、契約期間を慎重に決めることをおすすめします。 また、ほとんどの物件は定期借家契約、という形になっています。これは、契約期間が終われば、貸主と借主双方が合意しない限り、必ず退去しなければならないというものです。従って、住み続けたいが更新してもらえない、というようなことも考えられます。期間終了が迫ったら貸主側に相談し、更新の可否を確認することが大切です。